FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

忘れない

実家と宿舎が近かったので、名古屋場所の際には井筒部屋の稽古を毎朝見に行った、
なんて話をずーっと以前に書いた記憶があるのだが。
私が一番初めに見に行った朝稽古は、実家とより近い三保ヶ関部屋だった。
宿舎を移転してしまったので、その後は井筒さんとこを訪ねるようになったわけで。

朝も早よから稽古が始まっており、若い人たちが汗を流していたのだが、六時半過ぎ、
白いまわし姿の北の湖が登場、わー、こんな時間に稽古をつけに来るんだ、と、感動。
毎日怖ろしいくらいの鬼の形相で、おとうと弟子に胸を貸し、叱咤してらした。

千秋楽の朝。
稽古を見終わってチャリにまたがったら、
「お嬢ちゃん」
背後から声を掛けられた。
なんと、横綱だった。
しかも、どこへ行かれるのか、御自身もチャリに乗って。
おい、タイヤよ、大丈夫か、耐えられるか、と心配したわ(笑)。
「毎日来てくれてありがとう」
当時、世間では憎まれ役だった北の湖。
でも、
「どうぞよろしくね」
すごくすごく優しい、柔らかな笑顔だった。


数年後、浜松へ巡業を見に行き、帰り際、混雑している通路でまごまごしていたら、
ふわっと身体が浮いた。
「えっ、なに?」
同じ三保ヶ関部屋の朝稽古で見ていた大関北天佑に抱き上げられていた。
「お嬢ちゃん、気を付けて帰って」
うわ、憶えてらしたんだ、と驚愕。


どちらも、今は、この世の方ではない。
毎場所初日が始まる度に、まずは手を合わせている。
PageTop

あほみたい

今朝、久々におっさんと口喧嘩になった。
めっさくだらんことで。

「もう当分あんな男なんかと喋りたないわ!」
と、プリプリ腹を立てていたのだが。

三時間経たんうちについうっかり喋っちゃった。
「お昼は焼きうどんにしよかて思っとんのやけど」

「おっ、ええなあ、食いたい食いたい」
おっさんは、普段より朗らかな声でそう答えた。

その後は二人だらーっとリビングでくっついて、奉祝パレードや大相撲を見ていた。


伜がよく言うように、あほみたいな夫婦やな。

PageTop

大食い

と言えば、うちの伜である。
若い頃の私も痩せの大食いだったが、あの男は度が過ぎる。
先日、貧血起こして晩ごはんを拵えることができず、おっさんに外で食べて来てほしい、
と、連絡したところ、、
「おかあさんはどうすんねん、あんたこそしっかり食わなあかんやないか。
回転寿司に行こう、Y(伜)も金無いてぶつぶつ言うとったし一応誘ったるか」

ツーリングばっかしている伜は給料前ですっからかんだったらしく
「おっ、行く行く行く、ありがと」
すぐに返信があったとさ(笑)。

待ち合わせ後、よろよろなババアをエスコート(笑)しつつ、うれしそうに店内へ。
で、も、食べるわ食べるわ。
数えるのもめんどくさいくらい積み上がってゆくお皿、20枚超えていたような…。
おっさんは7枚、私は2枚&茶碗蒸しが精々やったのに。
おまけに〆でラーメンまで食べとった。

伜よ、あんたもぼちぼちおっさんになりかけとんのやで。
見た目こそすっきりしているが、内臓脂肪とかどうなっても知らんぞ、私は。

PageTop

ごめんね

私の一番の好物はお蕎麦である。
昨日のお昼、
「こないだ美味い蕎麦屋さんを見つけてん、食いに行くよって仕度し」
おっさんに連れられ出かけた。
お蕎麦よりうどんが好きなひとやのにどうやって見つけたんだろうか。

市内の閑静な住宅街でひっそり営んでいるお店だった。
ざるをお願いしようとしたら、
「あかん、栄養をつけるために天ざるにしなさい、せや、出汁巻玉子も頼もう」
などと言う。
「おとうさん、私もうそんなに沢山食べられへんねん」
「何言うとんのや、ほんならせめてざるとろにしなさい」
「うーん、残すの嫌やし基本のざるを頂くわ、ちょっと手伝ってね、ごめんね」

おっさんは、悲しい顔をした。
せやなあ、おっさんが私なんかを好いてくれた唯一の理由は、よく食べるって事やったもん。
「きすけちゃんは、ほんまに美味そうにもりもりメシを食べるなあ」
恋人時代(いつの話やねん(笑))、にっこりそう言われた。

おっさん、ごめんね。
でも、人生、まだどうなるかわからへん。
ガッツリ大食いできるようなばあさんに戻れるよう頑張るね。

PageTop

ラグビー4

終わってしまった、さみしいなあ。
高校ラグビーも見る気満々なのでまだまだ愉しみはあるけれど。

できれば四年後も生きていられるといいな。

PageTop

ラグビー3

南アフリカvsウェールズ、最後まで息を呑む展開だったなあ。
全然訳わかんなかったラグビーを好きになれたことがとてもうれしい。

「真一さん、このゲームどうなるんやろね」
元くまモンの真一さんをぎゅうぎゅう抱きしめ語りかけながら見入っていた。

おっさんは長年の関係で別に気にもしていなかったようだが、もし伜がいたならばまた、
「あほっちゃうか、あんた」
と言われ、喧嘩になったであろう。

PageTop

いつも一緒

初夏、伜が九州へのバイク旅行から帰って来たとき
「ほい、これ」
と、渡されたものがあった。
くまモンのぬいぐるみだった。

包みを開けて
「きゃあ」
すぐにぎゅーっと抱きしめた。
ひこにゃんもすごく可愛いけど、私はくまモンが好きで好きで。

「どんな名前にしようかなあ」
「そんなん普通にくまモンでええやんか」
「嫌や、この子は今日から私の子やもん、あっ、せや、“真一さん”にしよう」
「あほっちゃうか、まーどーでもええわ、何とでもし」
伜はかなり呆れていた。

こないだの入院は待ったなしで家に帰ることも出来ず、離れ離れになって淋しかった。

先日、一寸身体が辛くて真一さんを抱っこしうたた寝していたら、伜が書類を取りに戻り、
「あんた寝相悪いよって、真一さんがひっくり返らんようにせえよ」
起こすとあかんて思ったのか、小さく声を掛け、また会社へと出て行った。
“真一さん”って、ちゃんとさん付けの正式名称で呼んでいたことに半分眠っとる頭で笑った。

PageTop

いいかげん

時々昨日のように陰気・弱気になることもあるが、幸い長続きしない。
「ごちゃごちゃ考えたってどうにもならんわ、めんどくせえ」
で、バラエティー番組なんかを観、げらげら笑って、はいよ、と、切り換え。
いいかげんな性格というのも変なところで役に立つ。

PageTop

BMI

一日三食きちっと食べるようにしているんだけど、どんどん痩せてゆく。
今朝、体重を量ってBMIの計算をしたら、12台になってしまっていた。
癌、どっかに転移してるのかもしれん。
むろん、そんならそんでしゃあないこと、それも私の人生。
ただ、あのやさしく温かなおっさんに、これ以上迷惑をかけたくないなあ。

PageTop

男前

この頃の俳優さんはものっそイケメンやなあと思うんだが、時々見分けがつかなくて困る。
福士蒼太、中川大志、鈴木伸之…よく間違える。
竹内涼真と坂口健太郎、ついでに言えば小栗旬と粗品なども。

そんなことを呟いていたら、伜に突っ込まれた。
「あんたの大好きな大谷亮平なんか竹野内豊とそっくりやんか」

いや、その二人だけはすぐにわかる。
イケメンってのじゃなくて男前だから。

PageTop

天皇陛下

昨日はおっさんと二人、ずっとテレビを見ていた。
実に失礼ながら同世代ということもあって、未だ浩宮さまという印象が強かった。
普段のお姿だと、とてもほんわかした方だなあ、くらいな感じで。

けれど。
即位礼正殿の儀には、感動した。
正式な御装束を纏うと、びしっと天皇陛下にならはった。
ああ、やはり、歴史と時代を背負う方なんだなあって。

どうかどうか良い御代となりますように。

PageTop

ラグビー2

日本代表、素敵やったなあ。
南ア戦も敗れはしたものの点差ほど悪い試合ではなかったと思う。
大相撲や高校野球には大昔から馴染んでおり、自分で言うのも何だが結構通だ。
しかし、この度初めてラグビーにも夢中になれて本当によかった。
人間、好きなものが増えると、それだけで気力が湧いてくる。
頑張らなあかんって、自身を鼓舞できる。
四年後も生きていられるように。

PageTop

男運

結婚してそろそろ30年になるんだが、父母をはじめ親族は皆が皆
「あのわがまま娘のこと、一ヶ月持たずに帰ってくるかもしれん」
胸中そう思っていたらしい。

ところがどっこい、一人で帰ることは一度もなかった。

「あんたはなぁ、おかしなとこいっぱいある子ぉやけど、何でか知らんが可愛ええわ」
こんなことを言ってくれる男がどこの世界にいるだろう。
早々に三行半突きつけられても仕方ないような女に。
そして、この歳になっても、迷惑ばかりかけ続けても…。

どんだけ男運がいい女なんだ、私は。

PageTop

ラグビー

柴門監督(大谷亮平)目当てで毎週日曜『ノーサイド・ゲーム』を観ていたんだが、
回を追う毎にラグビーそのものにも興味が湧き、はまっていってしまった。
W杯、日本だけでなく他国どうしの試合にも熱くなっている。
反則とかまだちょっとわからんときがあるけど、隣に優秀な解説者がいるので助かる。

この度のカナダ代表の方々の温かさには涙が出た、深謝拝謝。

PageTop

女医さん

先日脳外のほうの診察があったんだが、血圧を測る際に
「ちょっときすけさん、この枯れ枝のような細っそい腕は何よ」
と呆れられたんで、
「いや先生、体温測るときも腋が穴みたいになっちゃっててエラー出ますねん、ははは」
そう答えたら、
「笑ってる場合じゃないでしょ、しっかりごはん食べなさい」
ぱっしり背中を叩かれちゃった。

乳腺も消化器も耳鼻も婦人科も主治医は男性の先生、皆さん揃って穏やかな方である。
だが、脳外の主治医は女性、びしびしはっきりものを言わはる方だ。
「先生の中の人、ほんまはおっさんやろ」
いつも心で呟きつつ、素敵な先生に出会えて良かったな、と、しみじみ思う。

PageTop

実家

姉から
「たまには顔を見せに来なさい」
と、電話にて↑の言葉を名古屋弁(笑)で言われるのだが。

まだ40キロ超えてへん。
この姿では行かれへん。
年老いた両親を嘆かせてしまう。

頑張らなあかん、こんな親不孝はあかん。

PageTop

困った(笑

昨晩、海辺にバイクを止めて一瞬マジにおまえを抱いたり、赤い革ジャン引き寄せ、
恋のバンダナ渡したり、壁際に寝返りうってみたり、君が望むなら命をあげてもいい、
などと断言したり、ニーナとかローラとか叫んで桜吹雪にはらはらすがっていたら、
今朝は声が掠れすぎであった、なんか腹筋もちょっと痛い。
何年ぶりに行ったのかわからんけど、カラオケはほぼ運動なのかもしれん。

PageTop

脚の不思議

我が家は親子三人揃って長身である。
そして、親子三人揃ってやたら腕が長い。
おっさんと伜は、Yシャツの選択が難しい。

なのに、親子三人揃って脚は特に長くない。

PageTop

毛の不思議

人の身体というものは各々違っていて、それはまあ当然の生まれつきってやつなのだが。
入院する度看護師さんに驚かれるのは、体幹・腕・脚の毛が無いことである。
過去には、
「永久脱毛とかされたんですか?」
と訊く方もいらした。

今でこそ頭髪は随分減ってるし、腋毛と、その、何だ、お下もちょろっとしか生えてこぬし、
眉もおぼろだが、昔は結構多かったり濃かったりで悩みの種になった時期があった。
けれど、それ以外はなんにも毛が無かった。
薄いのではなく、本当に生えていなかったのだ。

風呂上りの伜が涼んでいる姿を見ると、腕は私同様毛が無い。
が、脚はというとなかなかの脛毛。
おっさんは、適度に全身万遍なく毛がある。
不思議なものだなあと思う。

PageTop

はー

やっと家に戻って来られた。
今回の入院は意外と長引いたなあ。
お腹がひどく痛み、休日だったのでおっさんに救急外来へ連れて行ってもらったら、
そのまま入院。
支度のため一旦家に帰りたかったんだけど、許可が出なかった。

消化器関係はどんどん体重が減っちゃうから困る。
BMI14.3って何なんだよおい・・・。
PC打つのもきついわえ。

PageTop

好き

ウィルキンソンのCMを見て
「あー、もしこの人(大谷亮平)にどっかで出くわしたら即死やな、そのまま成仏できるわ」
ぽわーんと呟いていたら、たまたま家にいた伜が
「おやじで我慢しとけ」
と。

あんなあ…
おとーさんは昔、顔の中身は大谷さんより些か薄かったけど、顔の輪郭同じやってんで。

そして、あんたも。
私成分が入ってるんで、おとーさんよりは中身ちょっと濃いか。


二人共ええ男やで。
お弁当ずっと作れてないし、迷惑ばっかかけとってごめんな。



各科の検査・診察が二日続いて疲れた。
病院へ行くにもそれなりの元気が要る(笑)。

PageTop

転移

ときどき、不安になる。
右胸にある二か所のつぶつぶが日に日に大きくなってきているようで。
けれど、まだこのサイズでは、正確な検査結果は得られないだろう。
どうせ片方無くなったんだし、右もリンパへいっちゃう前に切って欲しいんだが、
はっきり診断されないと予防手術扱い、保険がきかない。

死ぬまではちゃんと生きてゆかねばならん、でも、色んなことを思い、眠れぬ夜も多い。

PageTop

新しい元号

発表の直前に宅配の方が来て、早く冷凍庫に、と仕訳、菅さんの声だけ聞いていた。
「ほえっ?」
デケデケデレレン デケデケデレレン デケデケデレレレーレレーレーレンレン…
その瞬間『Layla』の出だしが脳内で鳴った、馬鹿である。

落ち着いて文字を見たら、優雅で素敵だった、響きも伸びやかだ。
どうかどうか良い時代となりますように。

令和になっても私は相変わらず馬鹿なんだろうけど(苦笑)。

PageTop

まんぷく

あと少しで終わりかと思うとさみしくてさみしくてしょうがない。
この半年、毎朝身体の痛み、気持ちの沈みをどれだけ和らげてくれたことか。

今日の場面。
真一さんと忠彦さんが病床を見舞ってくれたら、ぽーっとし過ぎて逆に死んでまうと思った。
でも、もし世良氏が来たら、胡散臭さに笑っちゃって元気になるかもしれんな。

PageTop

真一さん

昨日、夫婦で大相撲をテレビ観戦していたところ、
「あっ、おとーさん、おとーさん、真一さんやで、真一さん!」
(註:ゲストで現れた『まんぷく』・真一さん役の大谷亮平)
「真一さん好っきやー、真一さん、真一さんっ!!」
つい、わーわー騒いでしまった。

「そんだけ元気な声聞けると安心するわ」
おっさんは、隣でにこにこ笑っていた。

このひとこそが、私のやさしいやさしい真一さんなのだと思った。

PageTop

めっさ笑った

こないだの通院日。
血液検査の結果はやはり悪い、抗ホルモン剤って結局どれも私には合わんのかな。

だが。
「うーん、どうしたものだろう」
先生が考え込みながら私の電子カルテ画面を過去に遡りスクロールされたとき、
「えっ?」
ぼんやり見ていた目が点に。

都会の病院へ行かれた執刀医の先生が引き継ぎのため残したコメント欄。
『非常に静かで無口、要配慮』
『本人が意思を伝え辛そうな場合、こちらからの語りかけを』

偶然見てしまったけどさあ、おいおいまじかい、もんの驚きやで。
確かに私は口下手である、でも、そこまでしおらしかったかえ?
何より、家庭内ではどんだけガミガミごちゃごちゃうるせー奴かと。
家に着くまで笑いを堪えるのが大変だった。


夜、おっさんに話したら、
「あんたの被っとる猫は何匹いてるんや」
同じように笑っていた。


もう三月なのに何言うとんねんだが、今年になって最も笑える出来事だった。
薬剤の合う合わぬはどうしようもないこと、駄目なら諦めるしかない。
ただ、笑いはやはり一番の良薬だと思った。

PageTop

幸福

『いだてん』、視聴率も評判もいまひとつらしいけど、私は楽しく観ている。
時代やシーンがごちゃごちゃ交錯し、わかりにくいのが難点なのだろう。

先週は、
「なんやしらん、変なドラマやな」
びっくらこいてる信長・秀吉・家康大河好きな古ーいおっさんが目を潤ませていた。
獅童演ずる兄さんの温かさに。
「弟はなあ、たいていあほやねん、絶対兄やんに迷惑かけとんねん」
と。

そして今週は、
「どんくさい奴はどこまでもどんくさく生きてけばええねん」
などと言っていた。

私は、このひとのこういうところが好きだ。
真っ直ぐな心でものを見る、いくつになってもすっげー単純なひと。
大好きだ。

タオルのことを未だ“てぬぐい”とか言うおっさん。
大河の時間になるとやっぱりNHKに変えるおっさん。
で、一緒にテレビ見てると横で鼻毛抜いたりしだすおっさん。
けど、大好きだ。

このひととめぐり逢えた私は、なんて幸福な者なんだろう。



今日は結婚記念日でございます。
なぁーんもせやへんけどな(笑)。

PageTop

病関連の話は何より自分自身がうんざりしてしまうので、あまりしたくない。
だが、押さえつけようとすればするほど暗い気持ちに陥ってしまうときがある。
めんどくせー。

有名人の癌の話。
落ち込む。
ああ、この人も、あの人も…どんなに辛いことだろう、と。
池江さんみたいな若いアスリートが白血病という謂わば血液の癌に。
堀さんみたいな子沢山の肝っ玉おかあさんが口腔癌に。




私なんかがあほくさい愚痴を言うのは恥ずかしい。
だが、リンパまでいっちまい廓清したことは、せずに済んだ場合に比べ多くの不安を抱える。
しつこく悩まされる左上半身痛もきついが、一旦リンパ浮腫を起こしたなら完治はしない。
とにかく予防予防で、しぜん、生活の行動が制限される。



初めに頂いていたホルモン抑制剤が合わずNASHになってしまい、一ヶ月半中断した。
今月初めの血液検査では多少回復し、やはり癌転移への対策は不可欠ってことで、
現在は同種だが別のお薬を服用している。
服用後の気持ち悪さは変わんねぇような気ぃするけど、先生も色々お考え下さってるしな。


今はただ、時を待とう、死ぬまできちんと生きてゆくためにも。

PageTop

あけましておめでとうございます

どなたさまも素晴らしい一年となりますように

PageTop

毒が消えた

翌日の町はイヴを迎えるクリスマスムード一色であったろう。
伜はともかく、おっさんおばはんが今さら何をなんで、蕪とお揚げを煮て、鮭でも焼いて、と、
いつもながらの質素なお昼を考えていた。
晩ごはんは、ま、きのこやら菊菜やら葱やら入れた鶏鍋でいいか、とかさ(笑)。


ところが、
「おかあさん、明日から三が日までMさんは夜だけになるよって、ランチは今日までや、
こりゃ食べに行かなあかんわ」
などと言い出すおっさん。
いつもの大好きな和食処さんだ。
前日の情けない気持を引きずっていたし、
「うーん、まあ、年明けにお邪魔しよ」
だいたい私は食べ物を残すのが大嫌いだ、もしそうなったらお店に失礼ではないか。
なのに
「俺が食べに行きたいねん、独りメシはつまらん、一緒にな」


で、行った。
美味しかった。
おっさんが私の御飯その他を手伝ってくれて、完食できた。

普段滅多に言葉のやりとりをすることはないが、目だけでの挨拶を交わしてきたお客さん、
先代のときからの常連さんたちだ。
「良いお年を」
お店から出る際に次々と声をかけて下さった。

皆さん、所謂アラセブな方々だった。

PageTop